“兵符”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
へいふ75.0%
わりふ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“兵符”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
蔡夫人は、子の劉琮に代って、故劉表の印綬と兵符へいふとを、錦の布につつんで、曹操の手へあずけた。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
兵符へいふをうけて、その発向を知った周瑜は、すぐ一軍を派して、南屏山なんびょうざんのいただきに大旗をさしあげ、まず先手の大将陸遜りくそんを迎え、続いて孫権の許へも、
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
周瑜が、その仔細を聞くと、こうであった。孔明は南郡の城を取るや否や、すぐ曹仁の兵符わりふ(印章)を持たせて人を荊州に派し、(南郡あやうし、すぐ救え)と云い送った。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)