“六白”の読み方と例文
読み方割合
ろっぱく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これに一白二黒三碧四緑五黄六白七赤八白九紫の名を付し、これを年に配し月に配し、日および時に配し、かつ、これを五行生剋の理に考え
迷信解 (新字新仮名) / 井上円了(著)
たまたま、六白だとか九紫だとかいい出す老人があると、旧弊人として若い者から大いに笑われた。
改善は頭から (新字新仮名) / 丘浅次郎(著)
一白 二黒 三碧 四緑 五黄 六白 七赤 八白 九紫
妖怪学 (新字新仮名) / 井上円了(著)