“八郎潟”の読み方と例文
読み方割合
はちろうがた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
同じ例はかに飛び離れて、南秋田の八郎潟の岸の村々に、ゴゴロッコまたはゴゴという語があるのは妙であるが、現在はまだこの二処以外に蒲公英をゴゴ
例えば十和田の湖水から南祖坊われてきて、秋田の八郎潟になっているという八郎おとこなども、大蛇になる前は国境の山の、マタギ村の住民であった。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
最近に八郎潟のほとりで生れた者が訪ねて来て、いっしょに岡の蘆原をあるいて、この鳥のりを聴いたのだが、この人々ははっきりとジの音をって呼んでいた。