“入金”の読み方と例文
読み方割合
いりきん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ま、そんなやうな訳で、鳥屋の菊水なども植ゑ込みの奥の池の汀に離れ座敷が建つてゐたりして、ちよつと向島の入金のやうな感じだつた。
青春物語:02 青春物語 (新字旧仮名) / 谷崎潤一郎(著)
向嶋にてこのたぐひの茶屋といへば入金繁昌久しきものにして蜆汁の味またいつまでも変らぬこそ目出度けれ。
桑中喜語 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
次に停車した地蔵阪というのは、むかし百花園や入金へ行く人たちが堤を東側へと降りかける処で、路端に石地蔵が二ツ三ツ立っていたように覚えているが、今見れば
寺じまの記 (新字新仮名) / 永井荷風(著)