“光泰”の読み方と例文
読み方割合
みつやす100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
隣地の寺坊の方にはなお、年長けた部将たちが兵と共にいたが、その中のひとり加藤光泰がこれへ来て
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
加藤作内光泰は、すぐ走って、彼方に控えさせていた約五十名の健卒を秀吉の前につれて来た。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
田中ノ陣 堀秀政蒲生氏郷長谷川秀一、加藤光泰、細川忠興など。(総数一万三千八百人)
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)