“優游”の読み方と例文
読み方割合
ゆうゆう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
物質的利益に超脱し、名誉、地位、得喪の上に優游するを得ば、世間に行わるる勝敗は児戯しきものとなる。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
ちにそれを足そうともせず、って今は足らぬが当然と思っていたように、かず、騒がず、優游として時機の熟するをっていた、その心の長閑さ、さ、今い出しても
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
なお優游自適の生活をむ方法はくはあるまい。