“借賃”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かりちん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“借賃”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
浅草橋あさくさばし野田屋のだや築地つきじ丁字屋ちょうじやから借舟かりぶねをするにしても、バッテラと荷足とは一日の借賃かりちんに非常な相違があった。
夏の町 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
東京は便利な処で借賃かりちんさえ出せば夜具は何時いつでも貸す処がある。それにあとから直ぐお代の荷物を汽車で送らせる事にしたからあれが着けば夜具も五組ほど有ったっけ。ソラモー向うに停車場が見える。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)