“伏奏”の読み方と例文
読み方割合
ふくそう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ようやく、花山院師賢が顔をみせて、掃部の手からそれを受けとり、ただちに伏奏のうえ、天皇のみ前にさしあげた。
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ひとたび旗を中原に立ててからの彼の父信長という人は、いずこに戦っても、一戦果せば直ちに上洛して禁門に戦果をし、国のよろこびあれば歓びを闕下伏奏
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
やがて簾下にありのまま伏奏していた。