“仮称”の読み方と例文
読み方割合
かしょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
貴人というのは、この中に、ただひとりの都の公卿だった。熊野どの、熊野どのと仮称しているが、実は関白家の近衛前嗣なのである。
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
とりもなおさず帆村探偵の仮称にちがいなかったのである。
東京要塞 (新字新仮名) / 海野十三(著)
その仮称多福山の場所は秘密だ。