“仏前”の読み方と例文
旧字:佛前
読み方割合
ぶつぜん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
貢さんは兄の命令通仏前の蝋燭を取つて、台所へ行つて附木で火をけて来た。
蓬生 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)