“今宿”の読み方と例文
読み方割合
いまじゅく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
本郷の菊富士ホテルと云ふことは今宿のうちでものうちでも知つてゐる筈、一寸きいてから来ればよかつた。うちからは四五日前たよりがあつた。
播州今宿(姫路市の西郊)から美作路の杉坂越えまでには、途中、夢前川があり揖保川の上流があり、たとえ身がるな二日路としても、らくではない。
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「街道の様子はどうだ。輦輿の同勢は、あの翌日、加古川を出て、姫山泊りか、今宿だったか」
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)