“今夏”の読み方と例文
読み方割合
こんか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ふ所の独逸とはち何ぞや、彼等は軽忽にも独逸皇帝を指して独逸と云ふものの如し、気の毒なる独逸皇帝よ、汝は今夏の総選挙に於て全力を挙げて戦闘せり
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)