“仇枕”の読み方と例文
読み方割合
あだまくら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この小主水の部屋から妹分で此のごろ突出された一人の娼妓は、これも大阪もので大家の娘でございましたが、の没落に身を苦界に沈め、ごとに変る仇枕源兵衛をおくり