“仁郷村”の読み方と例文
読み方割合
にんごうむら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
熊野仁郷村にいるははかたの小父林助の家に来て、置いてくれと頼んだが、林助は貧乏していて、人を置くことが出来ぬと云って、勧めて父定右衛門がった。
護持院原の敵討 (新字新仮名) / 森鴎外(著)