“仁村”の読み方と例文
読み方割合
にむら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
咎めずば此のき過ぎるであろう、無礼至極の奴、左様ではござらんか仁村
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)