“仁正寺”の読み方と例文
読み方割合
にんしやうじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「累霑位禄愧逢衣。霜鬢明朝忽古稀。」京都では山陽が後妻をつた。小石元瑞の養女、近江国仁正寺の人某氏の里恵である。後藤松陰は脩して梨影と書した。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)