“人陰”の読み方と例文
読み方割合
ひとかげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おやと気をつけると、暗いところがほんのりるくなって、自分は沈みもしなければ浮上りもしないで、水の中にふっと止まっている。向うを見ると、っすらと人陰が見えて、糸をる音がする。
糸繰沼 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)