“人形舞”の読み方と例文
読み方割合
にんぎょうま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人形舞わしとか、猿舞わしだとか、祭文・ほめら・大神楽・うかれ節などを始めとして、田楽猿楽等の類まで、もとはみなこの仲間でありまして、遂には歌舞伎役者とまでなって参ります。