“五行”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ごぎょう66.7%
いつくだり22.2%
ゴギョウ11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
五行ごぎょう、干支、天源、淘宮とうきゅう八門遁甲はちもんとんこう九星きゅうせい、方位、人相、骨相、家相、墨色すみいろ御鬮みくじの類、枚挙するにいとまあらず。
妖怪学 (新字新仮名) / 井上円了(著)
十干の本たる木火土金水の五行ごぎょうをそのまま木火土金水と有形物の名で押し通したから、火は木を焼いて水に消さるなどと相生そうしょう相尅そうこくの説盛んに、後世雑多の迷信を生じた。
長「此の間わしが……あの…お前笑っちゃア困るが、少しばかり私が斯う五行いつくだりほどの手紙を、……したゝめて、そっとお前のたもとへ入れて置いたのをひらいて読んでくれたかね」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
五行いつくだりの大字にしつ
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
我国春の七草の内に御行オギョウ五行ゴギョウと書くは非)がある。このオギョウはすなわち鼠麹草のホウコグサである。この時代には食物としてもこれを用いたことが分かる。
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)