“五布”の読み方と例文
読み方割合
いつの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は、口のうちで呟くようにいいながら、狭い五布の蒲団の中で、くるりと向きを変えた。夢ともともない瞬間の後に、彼は再び深い眠りに落ちていた。
仇討三態 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
夜具は五布で三人いっしょに寝る規則だが、人数に対して夜具にゆとりがあるため、三人の小頭と栄二、また女衒の六のほか二人ばかりは、めいめい一人で寝ていた。
さぶ (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
商売冥利渡世は出来るもの、はするもので、五布ばかりの鬱金の風呂敷一枚の店に、襦袢の数々。赤坂だったら肌脱、四谷じゃ六方をみそうな、けばけばしい胴、派手な袖。
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)