“二朱”の読み方と例文
読み方割合
にしゅ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二朱をお絹から貰って、お此は又おどろいた。お絹は剰銭はいらないと言った。
両国の秋 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
私は今こそ借金を払ったでなけなしの金を何でも二朱一歩出して、そのセメンシーナをて母に服用させて、れがいたのか何からぬ、田舎医者の言うこともより信ずるに足らず
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
二朱もってゆくと酒と飯が出たものだった。