“亀之助”の読み方と例文
読み方割合
かめのすけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
北の八番の唐紙をすっとあけると中に二人。一人は主人の大森亀之助。一人は正午前から来ている客である。
疲労 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
そうしてこの新御直参一家はみずから没落し、徳川十六代亀之助様のお供、静岡蟄居というはめにおちた。
旧聞日本橋:08 木魚の顔 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
そこには、用務員をしている父亀之助と、年老いた祖母と、優しい母と、ダンサーをしている直ぐ下の妹舟子と、次の妹の笛子と、中学生の弟波二とが、居た筈だった。
空襲葬送曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)