“中妻”の読み方と例文
読み方割合
なかづま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と言って「奥州閉伊郡中妻の里というところに、こういうがあるからそのへ行って、おばあさんは此処にこうやっていると伝えてくれ。」
糸繰沼 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
ただいま同氏のおられる陸中釜石町の字中妻という所に松倉さまと称する大きな自然石の神があり
東奥異聞 (新字新仮名) / 佐々木喜善(著)
小山戸を通り拔けて中妻へかゝる、速力はずん/\加はツてくる、かうして歩いて居る間に、少くとも三四人、六七人位の連中が男女混合でよた/\とやツてくるのにでツかはせる
月見の夕 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)