“下子”の読み方と例文
読み方割合
したこ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「一生に一ぺんのことじゃ、やってやりましょいな、こんなときこそ。いつも下子したこの子守りばっかりさして、苦労さしとるもん」
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)
「ま、そんなこといわんと、買うてやんなされ、下子したこも着るがいの」
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)