“下地子”の読み方と例文
読み方割合
したじっこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、下地子らしい十二三なのが、金盥を置いて引返して来て、長火鉢のの腰窓をカタンと閉めたので、お孝の姿は見えなくなった。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
あの子はあんない器量で、お師匠さんも芸が出来そうだと云って褒めておだから、早く芸者の下地子にお出しと、わたしがそう云ったじゃありませんか。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)
新吉と、おや新吉さんというので思い出したが、見た訳だよ私がね櫓下に下地子に成って紅葉屋に居る時分、の人は本石町の松田とか桝田とか云う貸本屋のに奉公して居て
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)