“三沢”の読み方と例文
読み方割合
みさわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「こう見えても、宮本武蔵の一の弟子、三沢伊織とはおいらの名だ。泥棒に生命乞いなどしたら、先生の名をよごすじゃないか。あかといえ。ばか」
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「奥さん、三沢という男から僕にてて、郵便か電報か何か来ませんでしたか。今散歩に出た後で」
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
山からって来た材木を並べ、に組んで、村の人たちや登山者の通行に備えてある。半蔵は三沢というところでその渡しを渡って、日の暮れるころに禰宜の宮下の家に着いた。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)