“一会”の読み方と例文
読み方割合
いちえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
英雄英雄を知るというか、一会の座談は、秀吉と官兵衛とを、百年の知己のように、ふかく結んだ。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
今日の一会は、いわゆるめしい談判ではなく、勝敗優劣の念も去って、酒間の談笑のうちに、和そうと思えば結び、非と考えたら別れよう——そういう条件のもとに敵味方一座したものであるから
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「はははは。だが新田どの、それくらいは、ゆるされい。——御覧ぜよ、高氏どのは、もっと呆れ顔だ。じつ申せば、ここの廊口まで、高氏どのには、何も明かしてなかったのだ。どうです! かかる不意な一会もまた、愉快ではあるまいか」
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)