“ホキ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:ほき
語句割合
寿50.0%
本宜50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは神代での瓊々杵尊ににぎのみことの大和地方での御歌に、「これのハバカや、薄赤ウスホに白き、万家ヨロズヤに花咲くは、サキクに咲くらむ、寿ホキくにさくらむ、ウツし花かも、なりに、」というのがあってこの歌の中の咲くらむのさくらがその語原であろうとの事である。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
而も此人は、本宜ホキ歌の由来を繋けられてゐる。
神道に現れた民族論理 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)