“ドレス”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
50.0%
洋服50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ドレスしおおもても萎れて登ってきたあなたの可憐かれんな姿が目のあたりにちらつきながら、手も足も出ず心もしびれ、なるままになれと思うのが
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)
かの女は、洋服ドレスのひだをピタピタたたくと、姉に背を向けて、縁の方に歩いて行き、欄干てすりにもたれて、ぼんやりと晴れている空に、眼を向けてしまった。
貞操問答 (新字新仮名) / 菊池寛(著)