“チキン”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
50.0%
50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あわせと筒袖の羽織を着せた、四ツばかりの男のに、極めて上手な、肉叉フォーク小刀ナイフの扱いぶりで、チキンを切って皿へ取分けてやる
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
電気代りの回転装置をかけて、耳慣れぬユーゴの流行唄はやりうたの二つ三つを聞かせてくれたり、それが終るとまた三人で食卓を囲んで、湯気の出るスープやチキンのソテーや
墓が呼んでいる (新字新仮名) / 橘外男(著)