“ゼロ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:ぜろ
語句割合
87.3%
7.3%
5.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と銀之助は高く呼んだ。丑松の組は第二の敗を取つたのである。『ツウゼロ。』と見物の生徒は聞えよがしに繰返した。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
し俳句に於て思うままに望を遂げたりともそは余の大望の殆ど無窮大なるに比して僅かにゼロを値するのみ。
子規居士と余 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
「あ、あそこへ子供が大きな輪を廻しながらやって来る! さ、御両氏、急いでゼロへおりなさい! できるだけ沢山に!」
聴講者ゼロの講演会場で、母と二人のみ在ったあの日、どうして、三十万の人々の顔を想像できたであろう。
聴衆0の講演会 (新字新仮名) / 中井正一(著)
ゼロ年生(満七歳以前の子供の級)から、級の中には衛生委員、日々の食事当番がある。
網膜もうまくの底には、赤くゼロと書かれた目盛が、いつまでも消えなかった。
空襲葬送曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)