“れいい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
礼闈66.7%
霊位33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
朱は後に三たび礼闈れいいに応じたが、試験場の規則に合わなかったので試験を受けることができなかった。
陸判 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
礼部は春台のほかにも容台とも言ひ、南省とも言ひ、礼闈れいいとも言ふ。
念仁波念遠入礼帖 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
兄の細君は、代々、京都のN神社の宮司をしている社家しゃけ華族からきたひとで、柚子の祖母は先帝のおひと、伯母は二人とも典侍に上っているという神道シンドーイズムのパリパリで、柚子の家の神棚には、八百万の神々のほかに、神格に昇進した一家眷族の霊位れいいが、押せ押せにひしめいているという繁昌ぶりだった。
春雪 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)