“りごう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
釐毫28.6%
離合28.6%
厘毫14.3%
李剛14.3%
理合14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
学校の規則もとより門閥もんばつ貴賤きせんを問わずと、表向おもてむきの名にとなうるのみならず事実にこの趣意をつらねき、設立のその日より釐毫りごうすところなくして、あたかも封建門閥の残夢中ざんむちゅうに純然たる四民同権の一新世界を開きたるがごとし。
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
徳川の儒臣林大学頭はやしだいがくのかみは、世々よよ大学頭にして、その身分は、老中ろうじゅう、若年寄の次にして旗下の上席なれども、徳川の施政上に釐毫りごうの権力を持たず、あるいは国家の大事にあたりては、大政府より諮詢しじゅんのこともあれども、ただ顧問にとどまるのみ。
学問の独立 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
激動中の表裏ひょうりには、怪奇複雑なかけひきやら、政治的な離合りごうなども、さまざま、波の底にはおこなわれている。
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
顕氏と国清とは、それに怒ッて、以後は尊氏方へ、はっきり寝返ってしまった。元々、同身の分裂である、つねに離合りごうの定まりもない。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そうしてその主張している理由は彼女の心理状態から押して真実と認められるので、現に警察当局でもそうした主張の真実性を厘毫りごうも疑っていない次第です。
少女地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
安重根あんじゅうこん禹徳淳うとくじゅん曹道先そうどうせん劉東夏りゅうとうか劉任瞻りゅうにんせん柳麗玉りゅうれいぎょく李剛りごう
まして魔法の邪法のといわれるものであるから、真に修法じゅほうする者は全くあるまいが、修法の事は、その利益功能のある状態や理合りごうを語ろうとしても、全然そういうことを知らぬ人に理解せしむることは先ず不可能であるから、まして批評を交えてなど語れるものではない。
魔法修行者 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)