“ゆやく”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ユヤク
語句割合
踊躍50.0%
油薬25.0%
踴躍25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
洲の後面うしろの方もまた一尋ほどの流れでおかと隔てられたる別世界、まるで浮世のなまぐさい土地つちとは懸絶かけはなれた清浄しょうじょうの地であったままひとり歓び喜んで踊躍ゆやくしたが
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
長者は興に乗じて一尋ばかりの流を無造作に飛び越え、彼方此方を見廻せば、洲の後面うしろの方もまた一尋ほどの流で陸と隔てられたる別世界、全然まるで浮世の腥羶なまぐさ土地つちとは懸絶れた清浄の地であつたまゝ独り歓び喜んで踊躍ゆやくしたが
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
足のふみ場もなくころがっているのはおおかた疎開家屋そかいかおくの跡片付に出ていた女学校の下級生だが、顔から全身へかけての火傷や、赤チン、凝血ぎょうけつ油薬ゆやく繃帯ほうたいなどのために汚穢おわいな変貌をしてもの乞の老婆の群のよう。
原爆詩集 (新字新仮名) / 峠三吉(著)
さあれ、わが世の踴躍ゆやくをば今日こそ見つれ、わがたま
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
あくがれ心の踴躍ゆやくいかに
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)