“ほくほう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
北方50.0%
北宝25.0%
北峰25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
之を合図に北方ほくほうより忽然こつぜんとして
鬼桃太郎 (新字新仮名) / 尾崎紅葉(著)
北方ほくほうのノルマネは海上を掃蕩して、
瑞暲ずいしょう北宝ほくほうも見えざるを以て、或は昨夜熊害のたの馬匹にも及ぼす事あるかとて、王藏に命じて尚馬匹を集めて調査するに、瑞暲北宝両種馬しゅばの見えざるをもって深く案じたるも、両種馬は遥に群馬中に見えたり。
関牧塲創業記事 (新字新仮名) / 関寛(著)
美成、字は久卿きゅうけい北峰ほくほう好問堂こうもんどう等の号がある。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)