“ほおじろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
頬白96.3%
画眉鳥3.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
シコモルの茂みの中には頬白が騒いでおり、は勇ましい声を立て、啄木鳥はマロニエの幹をよじ上って、樹皮の穴を軽くき回っていた。
がとびこんできました。頬白がとびこんできました。つぐみがとびこんできました。山鳩がとびこんできました。がとびこんできました。
山の別荘の少年 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
これに反して画眉鳥の雄ばかりは、家庭を女に任せていつでも歌っている。そうして巣のある処から、かなり遠くまで出てあるくようである。
土を食い虫を食い口が渋くなったということを、彼もまた中国の田舎の方言を以てっていたのである。画眉鳥が杉や川楊などの最上端にとまって、青い天地を眺めつつ啼く声まで、我々には
この秋よく聴いたのは百舌鳥ばかりであった。こやつは一羽いても騒々しいから、ぐに遠方からでも来たなということが知れる。早天には普通百舌鳥の合間に、画眉鳥の声を聴いたものであった。