“ぺ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
70.0%
30.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのべとべとになった蒲団も、今はこの人たちの手に引つがされて、襤褸屑ぼろくずのなかへ突っ込まれることになった。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
たとへばお前のツぺたのあかいをがして、青くすることの出來ないやうな。
青い顔 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
助役がちらと見ると、なるほど大きい鎧扉が蝶番から引つがされて、うへの桁に釘づけにしてある。
眼がめてから、サルーンに入って亜米利加の絵入りの雑誌をがして見た。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
スッカリ引っがしてしまえ。
焦点を合せる (新字新仮名) / 夢野久作(著)
それは丁度『鼬の最後つ』といふのに似て居るので、誰が言ふとなく鼬小僧といふ呼名をつけてしまひました。
三郎は嘘の最後っの我慢できぬ悪臭をかいだような気がした。
ロマネスク (新字新仮名) / 太宰治(著)
「ところが御めえいざってえ段になると奴め最後さいごをこきゃがった。くせえの臭くねえのってそれからってえものはいたちを見ると胸が悪くならあ」彼はここに至ってあたかも去年の臭気をいまなお感ずるごとく前足を揚げて鼻の頭を二三遍なで廻わした。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)