“ひんぴん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヒンピン
語句割合
頻々97.6%
彬彬1.2%
瀕々1.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大黒屋へ着くと、何んにも知らぬ年始の客が、素つ氣なくあしらはれて、不思議さうに歸つて來るのが頻々ひんぴんとありました。
何の手段か、何の便りを頻々ひんぴんわしているのか、いつも密書の使者が鳩だけに、誰あって気がつく者はないのである。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
曰く、我に数年を仮し、かくのごとくせば、われ易に於て則ち彬彬ひんぴんたらん。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)