“ひん/゜\”の漢字の書き方と例文
語句割合
頻々100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
折りも折、舎内で時計やお鳥目てうもくの紛失が頻々ひん/゜\と伝はつた。
途上 (新字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
この村の、もう一軒の地主である寺本といふ家では濁酒だくしゆの醸造をはじめて、まだ十年とたない今日こんにち、家屋敷まで他人手ひとでに渡してしまつた……といふ、そんなうはさや、それから、近年この近在の地主たちによつて頻々ひん/゜\として演じられるその種の失敗の数々を次から次へと並べたてて行つた。
新らしき祖先 (新字旧仮名) / 相馬泰三(著)