“ひざがしら”の漢字の書き方と例文
語句割合
膝頭100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
でっぷりよく肥えた顔にいちめん雀斑が出来ていて鼻のが大きくがり、揃ったことのない前褄からいつも膝頭が露出していた。
洋灯 (新字新仮名) / 横光利一(著)
お鳥は膝頭わにしたまま、「重吉、お前はあたしの娘では——腰ぬけの娘では不足なのかい?」と毒々しい口をきいたりした。
玄鶴山房 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
「だから、いわないッちゃない。」と蘿月は軽く握り膝頭をたたいた。お豊は長吉とお糸のことがとなしに心配でならない。
すみだ川 (新字新仮名) / 永井荷風(著)