“はしひと”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ハシヒト
語句割合
間人66.7%
土師人33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
生みませる御子、馬木の王、次に葛城の王、次に間人穴太部の王、次に三枝部の穴太部の王、またの名は須賣伊呂杼、次に長谷部若雀の命五柱。
この製作は、『古流記』に従えば、孝徳帝の皇后間人皇女が帝の追善のために企てられたものである。
古寺巡礼 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
案ずるにハシヒトが土師人の義なるべき事は、本居翁の解するところ疑いを容るるべからざるものである。土師部は古事記に「土部」と書き、用明皇后の御名埿部穴穂部皇女の「埿部」に当る。
間人考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
泥工は元来土師部の職である。すなわち土師人である。
賤民概説 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)