“土師人”の読み方と例文
読み方割合
はしひと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
遂には「間人」と書いて直ちに土師人と呼ばれ、その土師人の種類なるべき埿部(泥部)が直ちに駆使部と読まれる様になったのであった。
間人考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
ハシヒトは「土師人」の義で、土器を焼いたり、葬儀のにあずかったりしたものの名称ですが、それがちょうど普通民と賤民との中間におったので、マヒトすなわち中間人を
案ずるにハシヒトが土師人の義なるべき事は、本居翁の解するところ疑いを容るるべからざるものである。土師部は古事記に「土部」と書き、用明皇后の御名埿部穴穂部皇女の「埿部」に当る。
間人考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)