“はいびよう”の漢字の書き方と例文
語句割合
肺病100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところこまつたことにア身躰からだわるく、肺病はいびようてゐるからぼくほとんど當惑とうわくするぼくだつて心配しんぱいでならんからその心配しんぱいわすれやうとおもつて
罪と罰(内田不知庵訳) (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)