“どきどき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
悸々50.0%
動悸動悸25.0%
恟々25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ああ、私は今だに胸が悸々どきどきして、後から追掛おつかけられるやうな気持がして
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
この講義をするものは一方に控えていて順々に立って行くのであるが、段々と順番が進んで、私の座席近くまで出て行って、早や私の番が来そうになったので、胸は悸々どきどきするし必死の場合となった。
鳴雪自叙伝 (新字新仮名) / 内藤鳴雪(著)
今思い出しても胸が動悸動悸どきどきしますの。
昇降場 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
と、恟々どきどきしていたが、そうではなかった。何か用事があるから、清麿が帰って来たら、すぐ屋敷へ来るようにという口上なのであった。
山浦清麿 (新字新仮名) / 吉川英治(著)