“きようきよう”の漢字の書き方と例文
語句割合
恟々100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さればここに二十七日と推薄りたる歳末の市中は物情恟々として、世界絶滅の期のに宣告せられたらんもかくやとばかりに、坐りし人は出でて歩み、歩みし人は走りて過ぎ、走りし人は足も空に
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)