“でどこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
出処50.0%
出所50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
頬のげっそりと影の黒いのが、ぶよぶよとした出処でどこの定かならぬ、他愛の無いあかりに映って、ちょっとでも句が切れると
吉原新話 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「こう、はばかりだが、そんな曰附いわくつきの代物は一ツも置いちゃあねえ、出処でどこたしかなものばッかりだ。」とくだんののみさしを行火あんかの火入へぽんとはたいた。
註文帳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
何処どこに金を預けて置くか知れねえから此の百両の出所でどこを調べてくんな
文七元結 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
医者様の薬礼やくれいから宿賃や何かまで、の男が亡くなってしまった日にゃア、誠に困る、身ぐるみぬいだって、碌な荷物もえようだから、宿賃の出所でどこがあるめえと思って、誠に心配しんぷえだ、とんだ厄介者に泊られて
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)