“たんぽぽ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
蒲公英76.3%
鼓草16.9%
蒲公5.1%
蒲生英1.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
青山御所の土手に蒲公英が咲き、濠端の桜が八分通りの見ごろであった。電車に、揃いの花簪と手拭をつけた田舎の見物人が乗り合せた。
伸子 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
川音がタタと鼓草を打って花に日の光が動いたのである。濃くしい、その幾重花葩に、幼児の姿は、二つながら吸われて消えた。
若菜のうち (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
憐しる蒲公茎短して乳を
俳人蕪村 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
南町の私の家を差覗く人は、薊や蒲生英の生えた旧い土蔵づくりの朽ちかゝつた屋根の下に、渋い店格子を透いて、銘酒を満たした五つの朱塗の樽と、同じ色の桝のいくつかに目を留めるであらう。
水郷柳河 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)