“ただいま”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
唯今51.5%
只今46.1%
現在1.2%
現今0.6%
目下0.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
唯今ただいま」と校長がとうとした時、梅子は急に細川の顔を見上げた、そして涙がはらはらとそのひざにこぼれた。
富岡先生 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
唯今ただいま夜遊よあそびの番傘がもどりました——熊沢さん、今のはだね、修禅寺の然るべき坊さんに聞きたまえ。」
遺稿:02 遺稿 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それから食物しょくもつ……これは只今ただいまなかよりずっと簡単かんたんなように見受みうけられます。
「よく運転手にそう云ってTホテルへお送りさしときました。只今ただいま、ご主人も奥さまもお留守のことをよく申し上げて」
母子叙情 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
現在ただいまもお世話になっております」
甲州鎮撫隊 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
これは何をおっしゃることやらとんと私には解りませぬ。私の実の父も母も飯田の城下にすこやかに現在ただいま生活くらしておりますものを、臨終いまわの妄執だの亡魂だのと、らちもないことをおおせられる。
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
これが遠国へでもくのかと云うと、僅か百三十里ばかりの処へくにも此の通りでございますが、現今ただいまでは大違いで、「君鞄を提げて何処へ」「いや鳥渡ちょっと亜米利加まで行って来ます」などと云うような訳で
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「先方は法学士で、目下ただいま農商務省の○○課長をいたしておる男で、ご存じでございましょうか、○○と申します人でございまして、千々岩ちぢわさんなどももと世話に——や、千々岩さんと申しますと、誠にお気の毒な、まだ若いお方を、残念でございました」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)