“せっきゃく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
隻脚57.1%
説客42.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして当の官兵衛は、将監のすがたを見かけると、いそいで輿こしを地上に降ろさせ、不自由な隻脚せっきゃくを立てて、
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
司令は誰あろう、この前の第三次世界大戦の空戦に赫々かくかくたる勲功くんこうをたてた大勇将として、人々の記憶にもはっきりのこっている、あの隻脚せっきゃく隻腕せきわん大竹おおたけ中将であった。
大宇宙遠征隊 (新字新仮名) / 海野十三(著)
隻脚せっきゃく——だがその不自由さも今はK氏の詩情や憂愁を自らいたわる生活形態と一致させたやや自己満足の諦念ていねんにまで落ちつけたかに見うけられる。
鶴は病みき (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
殊に官兵衛は、伊丹城中いたみじょうちゅう遭難そうなん以来、不治の隻脚せっきゃくとなっているので、君前でも、そのための横坐りはゆるされていた。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
説客せっきゃく
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
説客せっきゃくのことばが終るのを待って、
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
先頃、陶謙に頼まれて、曹操の侵略を諫止かんしせんと、説客せっきゃくにおもむいたが、かえって曹操に一蹴されて不成功に終ったのを恥じて、徐州に帰らず、そのままこの張邈ちょうぼうの許へ隠れていた彼だった。
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
秘策を抱いて、彼は備前の宇喜多家へ、説客せっきゃくとして行ったのであり、病半兵衛もまた、八幡山城の明石飛騨守景親あかしひだのかみかげちかを説きに赴いたものであること、いうまでもない。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「官兵衛孝高よしたか説客せっきゃくとしてつかわした儀は、明らかに失敗に終りました。ついては」
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)