“せっきゃく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
隻脚57.1%
説客42.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして当の官兵衛は、将監のすがたを見かけると、いそいで輿こしを地上に降ろさせ、不自由な隻脚せっきゃくを立てて、
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
殊に官兵衛は、伊丹城中いたみじょうちゅう遭難そうなん以来、不治の隻脚せっきゃくとなっているので、君前でも、そのための横坐りはゆるされていた。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「官兵衛孝高よしたか説客せっきゃくとしてつかわした儀は、明らかに失敗に終りました。ついては」
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
秘策を抱いて、彼は備前の宇喜多家へ、説客せっきゃくとして行ったのであり、病半兵衛もまた、八幡山城の明石飛騨守景親あかしひだのかみかげちかを説きに赴いたものであること、いうまでもない。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)