“すえぶろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
据風呂60.0%
居風呂40.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
客人は其処そこ井戸端いどばたきます据風呂すえぶろに入って、湯をつかいながら、露出むきだしの裸体談話はだかばなし
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
小僧はかまどの下と据風呂すえぶろの釜とに火を燃しつける。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
この湯といふは居風呂すえぶろにて沸かすものながらそれだに早や汲み尽せしと覚えて底を払ひたり。
従軍紀事 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
湯のぬるき居風呂すえぶろ釜を脚婆かな 還珠
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)